topimage
北京市内の様子
公益財団法人 新潟市産業振興財団北京代表処 新潟市北京事務所
 
 
第28回香港ブックフェアに出展
2017-08-01

 2017年7月19日(水)から25日(火)まで、第28回香港ブックフェアが香港コンベンション&エキシビションセンターで開催されました。日本パビリオン内には在香港日本国総領事館、北海道(北海道観光推進機構・釧路市・網走市)、埼玉県、和歌山県、兵庫県、香川県、徳島県、鳥取県、福岡県/西日本鉄道、JNTO、KADOKAWA、西武鉄道プリンスホテル、小田急電鉄、ドン・キホーテなどがブース出展しました。新潟市は今年4回目の出展で、日本アニメ・マンガ専門学校(JAM)とNTTBPと共同で出展しました。

   
新潟ブースの様子 (左:漫画ペン入れコーナー; 真中:セールス・アンケート; 右:Photo Circle
 今年のテーマは旅行です。ブースではたくさんの漫画作品と新潟風景のポスターを展示し、中国でも人気のあるNGT48の歌や映像も上映しました。そして、にいがたまんが大賞作品集や「花野古町と笹団五郎」のキャラクターグッズの販売、漫画ペン入れ体験などを通じて「まんがのまち新潟」の魅力を来場者に強くPRしました。JNTOのスタンプ収集イベントやNTTBPの「Photo Circle」体験イベントのおかげで新潟市ブースに多くの方が立ち寄りました。「Photo Circle」の体験には一日約200名が訪れ、体験者に「Photo Circle」を利用して、新潟市の観光PRを行いました。また、スタンプ収集の来場者たちには観光アンケートも実施し、一日約100名から回答をいただきました。
朝入場待ちの長い列
 出展した各自治体は観光ビデオを流し、パンプレットを配りながら来場者に観光PRを行いました。また各地のご当地キャラクターの着ぐるみもいっぱい会場にあふれていました。とても人気で、多くの来場者たちが一緒に写真を撮り、楽しんでいました。
 報道によると、台風の影響で今年の香港ブックフェアの入場者は昨年より少なかったものの、100万人近くに及びました。(姜)

 


新着情報のリストに戻る>>