topimage
北京市内の様子
公益財団法人 新潟市産業振興財団北京代表処 新潟市北京事務所
 

新着情報

 
2017-10-11    日中国交正常化45周年記念式典が北京で開催  2017年9月8日

 「日中国交正常化45周年記念式典」が9月8日(金)、北京の人民大会堂に於いて開催され、出席して来ました。式典開催は10年ぶり、5年前の40周年記念式典は尖閣諸島問題もあり、直前に中止された経緯があります。今回の式典開催によって、両国の更なる関係改善に期待感が増します。
 

 唐家璇中日友好協会会長は、「困難は、両国の根気強い取り組みにより、必ず乗り越えることができる」と、河野洋平前衆議院議長は「より一層両国関係を前進させることが重要」と挨拶。周恩来の姪、周秉德と田中角栄の娘、田中真紀子の両氏がそれぞれ特別ゲストとして当時の様子を語りました。他、李小琳中国人民対外友好協会会長やバレエダンサーの森下洋子氏など日中友好交流の関係者130人が集まり、45周年をお祝いしました。(池田)


2017-10-11    JTB店舗における新潟プロモーション

 これは新潟市北京事務所が新紀元国際旅行社(JTBが北京に於いて設立した旅行会社)に委託した新潟プロモーション事業の一環です。
 2017年8月5日から31日までの約1カ月間、新紀元国際旅行社の店舗内部全体を新潟一色で飾り、新潟のプロモーションを行いました。
 店舗正面のショーウインドーでは日本の象徴的な着物と和傘を背景に、綺麗な芸妓さんが見る人を出迎えました。中央には新潟を象徴するチューリップ、白根の凧、トキをあしらいました。とても斬新かつ綺麗なセッティングで、インパクトがとても強く、店の前を通る中国の方々が足を止めて写真をとったり、話題にしたり、中に入る人も多かったということです。
 入口にはモ二ターでプロモーション動画を上映しました。動画では新潟のまつりや総踊りなど、魅力あふれるイベントが紹介されていました。その他、新潟の風景やお酒のタぺストリーも飾られました。新潟についての様々な魅力を詳しく紹介することができました。

 
 今回はプロモーションのテーマを「美」としました。日本において新潟は美食・美人・美景で有名であり、中国人の美に対する興味や発信性が高いことから決定したテーマです。店舗の中では新潟の美食を宣伝するため、お酒の試飲コーナーが設けられました。そしてAGD(Asian Girls Diary)所属美人モデルが新潟の街をめぐり、様々な体験をした模様を取材した雑誌「AGD」と新潟市紹介パンフレットも一緒に並べていただきました。この雑誌の最後には新紀元国際旅行社が提案した新潟観光コースも掲載されています。全部で約10万部が発行され、北京と天津のセブンイレブンで8月に無料配布されました。新潟へのツアーの実現を目指しています(姜)


2017-10-11    「2017年日中経済協力会議-於吉林」開催 2017年8月27日-28日

 吉林省長春市に於いて8月27日、28日に開催された「2017年日中経済協力会議-於吉林」に参加しました。この会議は、日中東北開発協会、日中経済協会と中国東北3省1自治区(遼寧省、吉林省、黒龍江省、内モンゴル自治区)とともに、2000年から毎年開催されているものです。
 両国の行政、企業、経済団体、研究機関等が一堂に会し、中国東北地方と日本の経済協力の在り方について協議することが目的です。基調報告では、川上克也 新潟県国際企画監による中国との交流の取り組みが紹介され、分科会③「現代サービス産業」に於いて、新潟市の観光パンフレット等によりPRを行いました。(池田)


 
        <Next>